ジャケットの人

産廃処理は専門業者に依頼するのが鉄則|比較をするべき

ゴミとトラック

企業が責任をもって処理

さいたま市では、事業所で発生したゴミを一般廃棄物と産業廃棄物とに分別し、さらにリサイクル可能な資源物とそれ以外のゴミとに分別します。古新聞や紙の文書は古紙類としてひとまとめにし、古紙類以外の紙ゴミはさいたま市独自の紙ゴミリサイクルに回す点に注意が必要です。

婦人

産業廃棄物

産廃選別とは工事現場等で発生する産業廃棄物を、素材ごと等に分類するという作業の事を言います。この産廃選別は専門の業者が複数存在しているので、いくつかの業者を比べて必ず信頼出来る業者に選別を依頼するのが望ましいです。

重機

排出事業者の責任とは

産廃処理は運搬や破砕・分別と最終処分などの工程で進められますが、すべてが法を守り、適切な処理であることが重要です。排出事業者はマニフェストを作成し、運搬から最終処分場までの工程を管理・契約します。各業者は許可番号を持っているため、事前確認も重要なポイントです。

業者を比較して選ぶ

工場

適正な処理が大切です

現在の日本国内には、10万社以上の産廃処理業者が営業していると言われています。ですので、産廃処理の必要性がある際、選択肢は非常に広くなることから避けられません。ただし、依頼する業者の選び方を間違えると、適切に処理されない可能性があるので注意が必要です。そこで、最適な産廃処理業者を選ぶポイントを紹介します。依頼業者を選ぶ前に、依頼者は発生させている産廃の内容を把握することが大切です。処理する産廃の内容物は依頼業者に報告する必要がありますし、その内容に応じて業者を絞り込める条件にできるからです。各業者は、内容物に合わせて効率的に処理できるノウハウを所有していることが一般的です。ですので、そのような処理業者から選ぶ方が、処理の安全性を高められます。複数の処理業者を候補にピックアップした場合、許可を受けている自治体と許可の有効期限の確認が大切です。産廃処理は法的居がなければ、実施できません。そのため、許可のない自治体で処理してしまうと、後日にトラブルへ発展する恐れがあります。また、信頼できる業者を確保できても、有効期限が短いと再び業者探しが必要です。また、できるだけ期間に余裕のある業者を選ぶ方が無駄をなくして、長期的に大きなメリットがあります。その上で、候補に残っている産廃処理業者から見積を取ります。処理費用は、各業者で料金設定が異なります。見積を確認して比較すれば、適正な処理を最安値で依頼できる業者が選べます。