男の人

産廃処理は専門業者に依頼するのが鉄則|比較をするべき

排出事業者の責任とは

重機

契約とマニフェスト伝票

事業者にとって収益を上げることが重要な課題となりますが、すべての工程において、法というルールに沿っていることが前提です。ひとつでも欠けると企業の社会的責任が果たせていないと見なされ、お取引先からの信用を失ってしまいます。特に注目されやすいのがごみ処理の問題で、産廃は運搬や破砕と分別ののち、最終処分までが排出事業者の責任となるのです。産廃の処理で理解しておきたいのは、運搬も許可業者への委託が必要である点でしょう。例えば産廃の破砕には中間処理業者に依頼しますが、マニフェスト伝票が無い場合は受け付けてもらえません。手続き無しで安価と営業してくるケースも考えられますが、ルールに沿っていないため間違いなく違法です。騙された・知らなかったは理由にならず、排出事業者も違法行為として責任が問われてしまいます。運搬や破砕・分別と最終処分まですべての工程において、委託契約済みの業者から業者へとリレーしていくシステムです。マニフェストはリレーの際に渡す伝票ですので、排出事業者が運搬・破砕・最終処分までの工程を計画・契約し、そのうえで作成しなければなりません。例としては、破砕がメインとなる産廃処理であっても、ゴール地点となる最終処分までが管理の対象となるのです。契約の際には適切な業者選びが重要なポイントとなりますが、多くの場合はサイトを設け、事業内容や処理業許可番号を公開しています。依頼が初めての際は選定に時間が必要となりますが、適切な業者選びで次回以降は円滑に進められます。