男の人

産廃処理は専門業者に依頼するのが鉄則|比較をするべき

企業が責任をもって処理

ゴミとトラック

事業所内での分別が重要

さいたま市では、飲食店や企業の事務所、工場などで排出された一般廃棄物は、家庭用のゴミとして処理することはできません。そのため、自社で市の処理施設に一般廃棄物を運び込む、さいたま市が許可した一般廃棄物運搬許可業者に委託するなどして、一般廃棄物の処理を行います。一般廃棄物の処理は、まず事業所内でゴミを一般廃棄物と産業廃棄物に分別することから始まります。一般廃棄物と産業廃棄物に分別したうえで、古紙やペットボトル、アルミ缶などとして再利用できる資源物を取り出します。新聞やダンボール、紙の文書などは古紙として再生するため、他の紙ゴミと区分して分けておきましょう。また、職場で使用した紙コップやトイレットペーパーの芯、梱包用資材などの紙ゴミはさいたま市が独自にリサイクルを行っているため、さいたま市内の指定施設に持ち込むことが可能です。このリサイクル可能な紙ゴミについては、一部にプラスチックやビニールなどが付着していても構いません。自動販売機の空き瓶や空き缶、ペットボトルは、自動販売機設置業者に回収させるか、資源引取業者や廃棄物運搬許可業者に委託して処分します。分別した一般廃棄物は、中身が見えるゴミ袋に入れて保管し、一般廃棄物運搬許可業者が回収しにやってくるまでカラスなどに荒らされないように保管しなくてはなりません。一般廃棄物運搬許可業者に引き渡された後、市内の清掃センターで焼却処理されるか、リサイクル施設でリサイクルされます。